RSS | ATOM | SEARCH
対戦相手を課題と捉えるには‥

僕は試合前にあまり相手の顔とか行動とか見ないようにしてます。

相手に意識が行くと自分に集中できないんで、とにかく試合では自分がやるボクシングに集中します。

「○○選手が相手」ではなくて「こんな感じのボクシングが相手」と思うようにしてます。

こんな感じのボクシングに対して、自分のボクシングができる様にと心掛けてます。

今の僕にとって試合とは、自身の課題への挑戦です。本当にそう思える様になって来ました。

国体で負けた時は本当に悔しかったです。

でも相手選手には「ありがとう」と「次の試合頑張って」って感じで感謝と応援の言葉が言えました。

すごい悔しかったけど、一瞬も相手を憎いとは思わなかったし、採点に不満を持つこともなかったです。

ただただ、自分の力不足が悔しかったです。

国体までに優勝するだけの力をつけれなかったのが悔しかった。

でももうしょーがない。来月の全日本までに改善し、そこで県連への恩返しをもう一度目指したいです。

相手は課題、そして自身への挑戦、そんな思いを持ちながら来月の全日本に挑戦です!前進あるのみっ!
author:naoto-net, category:石井, 23:33
comments(2), -, - -
Comment
直人…大人になったなー(笑)
最近のブログを見ていて、以前と比べて心が成長したように感じるな。少し前までは、時々ネガティブに感じる事も有ったけど…
今の気持ちを忘れず、一回りも二回りも成長してオイラにも勇気と感動を与えてくれ〜
のび太, 2011/10/13 1:11 AM
そぉっすかねぇ‥?(^^;

でもやっぱ試合って自分の全てが出る究極の瞬間だから、そこで人間的な成長に挑戦せんと勿体ないなって思います。

相手を憎んでもしょーがないっす。殴り合った相手とは特別な友情も湧くし、人類みな兄弟みたいな所があるっす。

いつかのび太さんに試合が見せれて勇気と感動が与えられたら嬉しいです!

僕は基本ポジティブっすよ(^v^)次も頑張ります!
なおと, 2011/10/13 8:21 AM