RSS | ATOM | SEARCH
一番大切なもの
聞いた話…



戦時中〜戦後、門司には3つの大きな企業があったそうです。



しかし時代が変わり、2つの企業はしばらくして倒産し、1つの企業だけ今も尚存続している様です。



今も尚存続する企業は、利益を与えて頂いた地域の方々への恩返しの気持ちを込めて、業種を変えたそうです。



僕はその残った会社の内部事情などを聞いた事があり、そんな経営方針で上手く行くのかなぁ?と思っていました。



しかし、今も尚残るその企業の良さを知りました。



この企業には愛がある。



困ってる人をほっとけない、弱い者の味方になる。



そんな愛に満ちた話や姿を聞いたり見たりしました。



なるほどなぁ…



そう思いました。



経営者達には、利益を跳ね上げる事も価値があると思いますが、長く存続するという事にも価値があると思いました。



愛される企業って価値があるなぁ。



愛される企業は地域の方々を愛してるよなぁと思いました。
author:naoto-net, category:-, 23:56
comments(0), -, - -
Comment